朝の腰痛に効く3つの方法 [木津川市 のむら整骨院] | 2016/08/27

毎日暑いですねえ…暑いと元気が出ますね!!

…と、前向きな発言で心を強気にする今日この頃です。

アイスばかり食べていませんか?

冷たいもの、甘いものの過剰摂取は、

「秋バテ」の元です!

今のうちに予防しましょう!!

さて、今回は、

「朝の腰痛に効く3つの方法」です。

朝、目覚めて腰が痛いと感じていませんか?

毎日の様に、「腰が朝痛くて、動いているうちに痛くなくなる」

という方もおられるのではないでしょうか。

原因から、改善方法を考えてみましょう。

<考えられる原因>

その1 布団、マットレスが合っていない。

寝ている間に寝返りを打ちますが、理想は、20分に1回です。

睡眠時間が8時間なら24回。20~30回が良いとされています。

柔らかすぎるマットレスは、寝返りの回数を少なくします。

寝返りが少なくなると、血行、リンパの流れが悪くなり、

筋肉組織に酸欠が起こります。

また、老廃物も滞り、コリや痛みの原因にもなります。

[改善方法]

ゴザをシーツの下に敷いてみる

ホームセンターで、薄いイグサのゴザを購入し、敷いてみましょう。

寝返りが打ちやすくなり、腰痛が改善する可能性があります。

夏は涼しいですよ!

<考えられる原因>

その2 前日の腰の炎症が残っている

動いたり、入浴などで、血行が良くなると痛みが和らぎ、

じっとしていると痛くなるという方に多い原因です。

[改善方法]

夜、入浴後のアイシング

腰に痛みの種火がくすぶっている状態です。

その種火を寝る前に取れば、朝の痛みは取れるでしょう。

☆手順

夏でも湯船につかり、全身を温め、血行を良くします。

風呂から出た後、腰のみをアイシング(冷却)します。

氷のう(もしくはビニール袋)に少量の水と、多めの氷を入れ、

直接腰に、20分当てます。

氷が溶け出す温度が0度です。筋肉を冷やすのは、この温度が一番適しています。

20分で皮下約1センチ冷却できます。

ちなみに、保冷材は×。そのままでは冷たすぎるので、タオルを巻きますよね。そうすると、皮膚表面しか冷えません。効果は薄いです。

筋肉を冷却するときは、皮膚が感覚麻痺するぐらいまで冷やさなければなりません。その時に適しているのは、断然、氷水です。

氷のうで冷やしましよう。

<考えられる原因>

その3 トリガーポイント

腰に、トリガーポイントが出来てしまい、じっとしていることで、トリガーポイントが活性化し、痛みが出てしまうことが原因かもしれません。

[改善方法]

トリガーポイントを除去するには、

押して、「痛気持ちいい」場所を90秒以上持続圧をかけることが有効です。

夜、寝る前に寝具の上で行います。

テニスボールを2つ用意し、上向きで寝転びます。

腰やお尻の「痛気持ちいい」場所に置き、3分間静かに指圧しましょう。

仙骨(腰骨の下の硬い骨)→腰の一番下のウエストライン(腰椎5番4番)→その少し上(腰椎3番2番)→その少し上(肋骨が始まる付近)と、少しずつ上に3分ずつ移動してみてください。

その場で、結構スッキリしますし、朝の痛みも和らいでいるでしょう。

 

以上、朝の腰痛に効く3つの方法でした。

1 ゴザ 2 夜のアイシング 3 テニスボール

 

ご予約・お問い合せ

のむら整骨院バランス整体院電話番号:0774724678

TOPへ戻る