新米パパに贈る言葉2[木津川市 のむら整骨院] | 2017/02/05

京都 木津川市 のむら整骨院です。

前回に引き続き、自分なりの子育てのツボをお伝えします。

子どもが生まれると、子ども中心の生活になります。当たり前ですが、きちんと理解していないと、ストレスが溜まります。

今までと同じ様な生活が制限されます。

例えば、休日に友人と食事をしたり、趣味に没頭したり、高価な物(パソコンなど)を購入したりするのは、勝手に出来ません。

奥様の承諾、許可が必要になります。

自分勝手に予定を入れて、育児をおろそかにしていると、奥様から不満が出て来ます。

そこで、その四

お互い様のツボ

「今度の休日は、子どもを見ているから、好きなことをしていいよ。」

と言ってみてください。

したいことを制限されているのは、お互い様。いえ、旦那さんより、奥様の方が数倍多くあります。

奥様もたまには、子どもから離れて好きなことをしないと、ストレスが溜まり、旦那さんに対して攻撃的(!?)になります。

いつでも子育てから解散出来るよ。いつでも子どもを見る用意はこちらに出来ているよ。というスタンスが大切。

奥様を育児から、心の解放をしてあげて下さい。

その上で、たまには、自分のしたいとをしてみましょう。

私の場合、休日に外出するのは、2カ月に1回程です。

その五

家の掃除は気付いた時にのツボ

男は、外で仕事、女は家事労働。という考えを無くしましょう。

家事労働を時給計算すると、年間1200万円になるそうです。

旦那さんが、仮に年収400万円だとすると、奥様は、3倍働いている事になります!

旦那さんは、家で気付いた場所を掃除しましょう。

私の場合、玄関、風呂場、トイレ、窓などの掃除、食器洗いなど、気付いた時に家事を心掛けています。

それでも、家は、すぐに汚れていくものですが…。

色々と思い付くままに子育てのツボを書き綴りましたが、少しでも新米パパのお役に立てれば幸いです。

最後に、たまには、奥様の肩や腰のツボを指圧して、体を癒してあげましょう🎵

前回の記事はこちら

新米パパに贈る言葉[木津川市のむら整骨院]

 

 

 

ご予約・お問い合せ

のむら整骨院バランス整体院電話番号:0774724678

TOPへ戻る