腰痛にならない3つの方法 [木津川市のむら整骨院] | 2017/05/18

日々、腰痛の施術をしていると、腰痛になる方には、特徴がある事に気づかされます。

それは、3つの硬さです。

この3つの硬さを克服すれば、腰痛のない生活が出来ます。

1つ目の硬さ

「筋肉の柔軟性」

股関節、胸椎の可動域が小さいと、腰に負担がかかります。

開脚の柔軟体操や、胸椎、肩甲骨の柔軟体操で、可動域を広げましょう。

2つ目の硬さ

「筋肉の弾力性」

良い筋肉とは、力を入れていない時に触ると柔らかく、力を入れると硬くなるものです。

うつ伏せに寝た状態で腰を押してみて、柔らかい状態ならOKです。

硬ければ、血流が悪い状態で、筋肉が、酸素欠乏になりやすく、痛みが起こりやすい状態と言えます。

座り仕事や、立ち仕事が長くなると、疲労が蓄積し、筋肉の弾力性が低下し易くなります。

3つ目の硬さ

「筋肉の動き」

しなやかに動く関節は、深層の筋肉が柔らかい状態と言えます。

柔らかい動きは、深層筋の血流が良い状態です。

筋肉の柔軟性、弾力性があっても、動きが硬ければ、使えない筋肉となり、良い状態と言えません。

腰を八の字に回す体操等で柔らかい動きを身に付けましょう。

以上の3つの硬さを克服すれば、腰痛は、緩和、治癒するでしょう!

当院では、週5回トレーニング教室を開催しています。1時間のトレーニングで、3つの硬さを克服します。

詳しくはお電話で!

0774-72-4678

ご予約・お問い合せ

のむら整骨院バランス整体院電話番号:0774724678

TOPへ戻る