スポーツでの捻挫 復帰の目安[木津川市のむら整骨院] | 2017/08/14

8月は、インターハイや、少年、高校野球など、全国大会が多く行われています。

のむら整骨院にも、スポーツでのケガをした学生さんが多数来院されています。

中でも多いケガが、捻挫と肉離れです。

試合前に痛める事が多く、

「1週間後の試合までに治りますか?」

という質問を良く受けます。

負傷の程度によって治癒する期間は変わります。

捻挫の場合、(成人)

腫れが強度 安静3週間リハビリ2週間

腫れが中度 安静2週間リハビリ2週間

腫れが軽度 安静1週間リハビリ2週間

が目安です。

(肉離れの場合は、「腫れ」の部分が、運動痛、圧痛になります。)

治癒までの期間は、学生なら、3割減、60才以上なら、3割増しといったところでしょうか。

ただし、条件により、治り方が変わります。

その条件とは、

負傷直後から2日間、アイシングできたか?

安静にできているか?

治療の頻度(2~3日に1度通院)は適切か?

本人の治癒力を上げているか?(栄養素:ビタミン、ミネラル、アミノ酸等を摂っているか)

など、です。

のむら整骨院では、捻挫や、肉離れの患者さんのうち、どうしても早く治したい‼という方に、早期治癒プログラムを実行して頂いています。

早期治癒プログラムとは?

治療器のレンタル➕サプリメント

です。試合直前や、明日から合宿で来院出来ない、来院頻度が少ないという方に、おすすめしています。

治療器は細胞を活性化させ、治癒力をUPする効果があり、プロ選手や、オリンピック選手も使用しているものです。

2台で回していますが、常にレンタル中という、人気の治療器です。

全ての人に効果を保証するものではありませんが、試してみる価値はあります。

細胞レベルの治療が家庭で出来ます!

ちなみに治療器は、AT-miniです。

さて、復帰の目安ですが、

下肢なら、片足ジャンプ(ケンケン)が出来る程度。

上肢なら、腕立て伏せが出来る程度。

です。また、練習に参加するのもの、いきなり以前と同じメニューはNG。

時間、強度、頻度の3つを考慮しましょう。

時間 練習時間を半分に。その他はリハビリメニューを。

強度 ダッシュや、ジャンプなど、筋肉を急に使う練習は避けましょう。

頻度 1~2日置きに練習をするなど、負傷した部位を休めながら練習を再会しましょう。

いつまでも治らない原因の一つに、安静すべき期間の不足があります。

良い選手程しっかり安静にするものです。

また、治癒する黄金期間があり、それを過ぎると、体が治そうとする力が下がります。

それは、負傷から、2週間です。(のむら整骨院調べ)

しっかり治して、結果を出しましょう‼

ご予約・お問い合せ

のむら整骨院バランス整体院電話番号:0774724678

TOPへ戻る