交通事故の施術[木津川市 のむら整骨院] | 2018/03/18

先日、近くの交差点で交通事故の車両が停車しているのを目撃しました。

お互いの車は、フロントガラスが半分以上割れ、自力では走行できないぐらい破損していました。

お互い、急いでいたのでしょうか…。

交差点の真ん中に止まっており、付近は、渋滞していました。

気になるのは、運転手・同乗者のケガの具合です。

大したケガでなければ良いのですが…

「交通事故のケガ」

交通事故のケガは、日常生活でのケガと違い、身体へのダメージが大きく、治癒までに時間がかかる場合が多くあります。

通常3~4カ月かかる場合が多くあります。

中には、車の破損が少しの場合の交通事故でも、治癒までに6カ月かかる事があります。

その理由は、次の通りです。

①交通事故の衝撃による靭帯、筋肉の負傷および神経の興奮

たとえは、首の「むち打ち」の場合、交通事故の「ドン!」という衝撃により、関節にある、靭帯が負傷します。いわゆる捻挫の状態です。

靭帯が捻挫を起こすと、骨を支えるものが機能しなくなるので、筋肉に負担がかかり、過緊張状態になり硬くなります。「体を守れ!」という命令が出っぱなしになる感じです。

筋肉が過緊張状態になると、筋肉の中の血管や、神経が圧迫を受け、痛み、重だるさ、時には、しびれが起こることもあります。

神経が圧迫を受けると、酸欠になり、腕や手の指にまでしびれが起こる事があります。

単なる靭帯や筋肉の損傷であれば、通常約3週間から1ヶ月で組織の修復が終り、リハビリを含めて2ヶ月で治癒します。

しかし、交通事故でのケガは、「神経」が絡むため、治癒までに3~4か月かかってしまうことがあるのです。

②交通事故による精神的ストレス

交通事故では、様々な精神的ストレスが生じます。

・大切な車が無残な形になってしまった。

・相手と事故の負担割合の話し合いがスムーズに進まない。

・施術について保険担当者との話し合いが上手く進まない。

・車のクラクションや、大きな音に過敏に反応してしまう。

・ケガが治らないかもしれないという不安。

・仕事や学業に支障が出て、今まで通りの生活ができない。

・趣味や旅行などの制限

などなど、様々な精神的なストレスにより、自律神経が乱れます。

具体的に言うと、ストレスにより、交感神経が優位になります。

交感神経は、血管を収縮させる神経です。負傷部位の血管が収縮すると、血行が悪くなり、十分に酸素が行き渡らなくなります。

酸素が不足した筋肉は、硬くなり、コリ、張り、痛みを起こします。

酸素が不足した神経は、重だるさ、痛み、しびれ、知覚麻痺、筋力低下を起こします。

これが、交通事故による精神的ストレスが起こすメカニズムです。

のむら整骨院での「交通事故のケガの施術プログラム」

当院での施術の流れです。

①靭帯、筋肉の炎症を抑えるために、超音波や、高周波で施術。

②細胞を活性化し、治癒力を高めるために微弱電流(ソーマダイン)で施術。

③自律神経の調整のために全身を微弱電流(ソーマダイン)で施術。

④深部の痛みには、高電圧(ハイボルテージ)で施術。

⑤炎症が治まってきたら、関節や、筋肉を優しく施術。

⑥痛みが和らいで来たら、ストレッチポールや、バランスボールで運動療法。

その他、症状に応じて、施術を行います。

当院では、むやみにマッサージを行いません。症状が長引くことがあるからです。

また、むやみに来院を促しません。適正な来院を指示致します。

人間には、治癒力があります。

施術回数が多い、濃厚な施術は、治癒力を低下させ、症状を固定してしまいます。

当院の交通事故施術の目的は、早期治癒です。

効果のある最新の治療器で、最良の施術を行います。

あまりにも痛みが強い場合は、治療器のレンタルもしております。(自賠責保険の場合無料)

後遺症が残らない様、しっかり治しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微弱電流(ソーマダイン)で施術。

ご予約・お問い合せ

のむら整骨院バランス整体院電話番号:0774724678

TOPへ戻る