落ち着くには、まず息を吐くこと[木津川市 のむら整骨院] | 2018/04/09

今年は桜の開花が早く、3/29頃には、満開となりました。

急に暖かくなったせいで、体調を崩された方もおられたのではないでしょうか。

4月は、新生活を始められる方が多くおられます。

ウキウキしますね!

しかし、浮き足立つと、手元、足下がおろそかになり、ケガの元となります。

呼吸を整え、落ち着いて行動することを心がけましょう。

さあ、深呼吸をしてください。

最初に息を吸いましたか?吐きましたか?

正しくは、吐くことが先だそうです。

呼吸とは、気(吐く)と気(吸う)と書きます。

呼気が先です。ということは、吐くことが先という意味になります。

以前、比叡山で座禅をした時に、お坊さんが、「呼吸は、吐くことから始めて下さい。」と指導されていました。

武道では、攻撃をするときには、声を出し、息を吐きます。

筋力トレーニングでは、力を入れるときには、息を吐きます。

逆に緊張等で、息を吐くことがおろそかになると、吸い過ぎて、過呼吸となり、息苦しくなることがあります。

吐くことは、とても重要なことです。

のむら整骨院では、「ため息呼吸法」をおすすめしています。

ろうそくの火を消すように、一気に息を吐きます。

「前向きなため息」と呼んでいます(笑)

肺に空気を吸い込み、胸式呼吸を行います。

5回繰り返した後、ゆっくり深く吐く、腹式呼吸を3分~10分行ってみて下さい。

呼吸法で、心拍変動をコントロールでき、

副交感神経がONになり、リラックスできます。

落ち着いた行動も可能となるでしょう。

呼吸の極意は、吐くことにあり!

「ため息呼吸法」ぜひ、試してみて下さい。

ただし、人前ではしないでください!!

相手がストレスを感じますので(笑)

 

のむら整骨院は、4月で11周年を迎えました。

これからも皆様に信頼される整骨院として、地域医療に貢献して参りますので、よろしくお願いいたします。

ご予約・お問い合せ

のむら整骨院バランス整体院電話番号:0774724678

TOPへ戻る