天気痛 [木津川市 のむら整骨院] | 2018/06/22

梅雨の季節がやってきました。

雨の日に調子が悪くなることがありませんか?

「天気痛」と名前がついており、頭痛・肩こり・腰痛・関節痛など、不定愁訴と呼ばれる症状が特徴です。

原因は、「気圧の変化により、内耳がストレスを感じ、交感神経が優位になるため」だとされています。

交感神経が優位になると、血管の収縮が起こり、血流が悪くなります。

血流の悪くなった部位の筋肉は、酸素が欠乏し、硬くなり、痛みや不快感が生じます。

対処法は、「内耳の血流を良くする事」です。

方法は、耳を上・横・下に5回ずつ引っ張るマッサージです。

また、耳を上下からつまんで餃子の形にしたり、手掌で耳の穴をふさいだ状態で回すマッサージを各5回行います。

身体に異変が起こりだしたら、試してみて下さい。

ご予約・お問い合せ

のむら整骨院バランス整体院電話番号:0774724678

TOPへ戻る