相手に好感を持たれる相槌(あいづち)とは?①[木津川市 のむら整骨院] | 2018/07/10

相手に不快な感情を持ったことがありませんか?

あなたの周りには、話しにくい人、話しやすい人はいませんか?

この違いは何でしょうか?

逆に、あなた自身が相手にとって話しやすい人か、話しにくい人か、評価を受けたことがありますか?

「話しやすい人ですね。」と言われたことがあっても、「話しにくい人ですね。」と言われることは、ほとんどないと思います。

あなたは、意外と話しにくい人、不快な人になっているかもしれません。

私は、「話しやすい人=好感を持てる人=信頼できる人」であると思います。

(中には、話しやすくても、いい加減な人という例外な憎めない人もいますが。)

相手と良好な関係を持つためには、好感を持たれる「相槌」が必要です。

そもそも、「相槌を打つ」の語源は、鍛冶職人が、鍛冶を行うとき、師の槌に合わせて弟子が槌を打つ事に由来します。

信頼関係を築きたい人とは、息の合った相槌を打ちたいものです。

相槌は、相手と良好なコミュニケーションを行うツール(手段・方法)です。

「聞き上手は相槌上手」とも言われ、相手が話しやすい雰囲気をつくるため、または、相手から信頼を得るために相槌を打つことは、不可欠です。

その場に応じた相槌を選択するスキル(技術・能力)を持ちましょう。

では、どのような相槌を打てばよいのでしょうか? 次号に続く…

ご予約・お問い合せ

のむら整骨院バランス整体院電話番号:0774724678

TOPへ戻る