ぎっくり腰[木津川市 のむら整骨院 バランス整体院] | 2018/10/19

朝晩はめっきり寒くなってきましたね。秋本番という感じです。
今日は知っている様で知らない事について書いていこうと思います。
テーマは「ぎっくり腰」です。

1.ぎっくり腰とは
 1-1.ぎっくり腰って何?
 1-2.原因は?
 1-3.治療は?
2.ぎっくり腰になったら
 2-1.まずは安静に
 2-2.冷やしましょう
 2-3.痛みによっては病院を受診
3.ぎっくり腰を繰り返す方へ
 3-1.運動してますか?
 3-2.腰が痛いけど腹筋が大事
 3-3.30分の法則

1.ぎっくり腰とは
みなさんは「ぎっくり腰」になったことはありますか?
当院にもたくさんの患者さんが「ぎっくり腰になってしまって・・・」「腰やっちゃいました・・・」
と来院されます。特に季節の変わり目に多いですね。
1-1.ぎっくり腰って何?
ぎっくり腰はケガの別名でわかりやすく表現したものですが、正しくは「急性腰痛症」という症状です。
急性腰痛の中にも「筋筋膜性腰痛」「椎間関節性腰痛」があります。どちらも重いものを持ち上げ足りする際のちょっとしたキッカケで突然発症する症状です。
1-2.原因は?
大きく2つのタイプに分かれます。筋肉の肉離れによる「筋筋膜性腰痛」と腰の背骨である腰椎の関節の損傷や捻挫による「椎間関節性腰痛」です。前屈みが痛いのは筋筋膜性、後ろに反るのが痛い場合は椎間関節性が多いと言われています。ただし、これらの腰痛は非特異的腰痛とも呼ばれ、明確な原因の特定ができない腰痛なんです。全体の85%にあたる腰痛が原因を特定出来ないんです。当院では問診の際に日常生活のカウンセリングや動作チェックを行いますが、普段から腰や股関節を酷使されている方がぎっくり腰になることが多い印象です。
1-3.治療は?
急性腰痛の痛み、辛いですよね。当院では早く治っていただくために炎症を抑えていく電気治療をしています。
具体的には炎症を鎮める高周波治療、炎症物質を除去する超音波治療、体内のミトコンドリアを活性化し、治癒力を高める微弱電流治療。などなど。体の治る力を後押しする治療が基本になります。特に痛みがきつく、仕事などを休めない、試合が近いなど急を要する方にはハイボルテージ治療をしております。テーピングや円皮鍼も有効です。回復にしたがって、筋肉が拘縮という硬い状態になってきます。周りの筋肉を弛める治療も必要性に応じてしていきます。

2.ぎっくり腰になったら
もしぎっくり腰になってしまったら、どうすればよいのでしょうか?
2-1.まずは安静に
来院される患者さんにも多いのですが、痛みを感じてからしばらく動き続けてしまうという方です。急に横にはなれない場面も多々あるとは思いますが、周りの方を頼って無理に動くのは控えましょう。損傷した筋肉や靭帯の炎症が進み、症状が悪化することがあります。。

2-2.冷やしましょう
こちらも多い勘違いが「お風呂にゆっくり浸かりました」「温めた方がいいと思ってマッサージしました」という方。急性の痛みは炎症といって患部が腫れたり、熱を持ったり、うまく動かない状態ですので、まずはそれ以上に症状が進まない様に冷やしましょう。氷のうなどの「氷水」で15~20分ほど。冷たいと感じなくなるまでがポイントです。よく保冷材やシップでもいいですかという質問があるのですが、保冷材は冷たすぎて凍傷になる危険がありますし、シップはアイシング後に貼って頂くようにお勧めしております。
最近では受傷後の温熱療法を進める治療法もありますが、当院では温めた後の疼痛が増した方が多いので、受傷から3日はアイシングをお勧めしております。

2-3.痛みによっては病院を受診しましょう
たとえば足の痺れやズキズキとした神経性の痛みを感じられる方、安静にしていてもズキズキとした痛みが持続する方は腰椎や神経走行上に何らかの変性が起こっている場合がございますので、お近くの医療機関を受診されることをお勧めします。レントゲンやMRIなどの画像診断にて精密検査を受け、痛みの原因を把握しましょう。

3.ぎっくり腰を繰り返す方へ
ぎっくり腰は、よくクセになってしまうと言われますが、そういえば何度も繰り返しているなあと思い当たる方も多いかもしれません。なぜ繰り返してしまうのでしょう?
3-1.運動してますか?
当院に来院される患者さんではほとんどの方の腰回りの筋肉が硬くなっています。力を抜いていても、力が入っているかのような腰の方が多いです。筋肉は同じ姿勢や動作を続けたり、運動不足で動かさないと筋肉量は低下し、どんどん硬くなっていきます。特に下半身や体幹部分の筋肉は腰を支える上で重要なんです。

3-2.腰が痛いけど腹筋が大事
腰が痛いから腰の筋肉を鍛えればいいんですか?と質問を良く受けます。半分正解、半分間違いです。
腰は腰の筋肉だけでなく、下半身やお腹の筋肉によっても支えられています。まんべんなくバランスを考えて鍛えていく必要があるんです。当院では特に腸腰筋という筋肉に注目し、予防のための運動指導も行っております。腹筋は四層構造。その一番深い部分で背骨を支えている腸腰筋を使えるように治療したり、バランスボールでのグループレッスンなども行っています。

3-3.30分の法則
同じ姿勢を30分以上取っていませんか?筋肉を動かさずにじっと同じ姿勢をしていると血行が悪くなり、筋肉の柔軟性が低下しやすくなってしまいます。当院では日常生活での予防方法として30分経ったら体勢を変えていただくようにおすすめしております。ぜひやってみて下さい。

いかがでしたでしょうか。ぎっくり腰は整骨院が得意な症状の一つです。お困りの方は一度、のむら整骨院にご相談くださいね。

 

参考文献:「図で説く整形外科疾患外来診療のヒント」 寺山和雄・堀尾重治著 医学書院

朝の腰痛に効く3つの方法 [木津川市 のむら整骨院] | 2016/08/27

毎日暑いですねえ…暑いと元気が出ますね!!

…と、前向きな発言で心を強気にする今日この頃です。

アイスばかり食べていませんか?

冷たいもの、甘いものの過剰摂取は、

「秋バテ」の元です!

今のうちに予防しましょう!!

さて、今回は、

「朝の腰痛に効く3つの方法」です。

朝、目覚めて腰が痛いと感じていませんか?

毎日の様に、「腰が朝痛くて、動いているうちに痛くなくなる」

という方もおられるのではないでしょうか。

原因から、改善方法を考えてみましょう。

<考えられる原因>

その1 布団、マットレスが合っていない。

寝ている間に寝返りを打ちますが、理想は、20分に1回です。

睡眠時間が8時間なら24回。20~30回が良いとされています。

柔らかすぎるマットレスは、寝返りの回数を少なくします。

寝返りが少なくなると、血行、リンパの流れが悪くなり、

筋肉組織に酸欠が起こります。

また、老廃物も滞り、コリや痛みの原因にもなります。

[改善方法]

ゴザをシーツの下に敷いてみる

ホームセンターで、薄いイグサのゴザを購入し、敷いてみましょう。

寝返りが打ちやすくなり、腰痛が改善する可能性があります。

夏は涼しいですよ!

<考えられる原因>

その2 前日の腰の炎症が残っている

動いたり、入浴などで、血行が良くなると痛みが和らぎ、

じっとしていると痛くなるという方に多い原因です。

[改善方法]

夜、入浴後のアイシング

腰に痛みの種火がくすぶっている状態です。

その種火を寝る前に取れば、朝の痛みは取れるでしょう。

☆手順

夏でも湯船につかり、全身を温め、血行を良くします。

風呂から出た後、腰のみをアイシング(冷却)します。

氷のう(もしくはビニール袋)に少量の水と、多めの氷を入れ、

直接腰に、20分当てます。

氷が溶け出す温度が0度です。筋肉を冷やすのは、この温度が一番適しています。

20分で皮下約1センチ冷却できます。

ちなみに、保冷材は×。そのままでは冷たすぎるので、タオルを巻きますよね。そうすると、皮膚表面しか冷えません。効果は薄いです。

筋肉を冷却するときは、皮膚が感覚麻痺するぐらいまで冷やさなければなりません。その時に適しているのは、断然、氷水です。

氷のうで冷やしましよう。

<考えられる原因>

その3 トリガーポイント

腰に、トリガーポイントが出来てしまい、じっとしていることで、トリガーポイントが活性化し、痛みが出てしまうことが原因かもしれません。

[改善方法]

トリガーポイントを除去するには、

押して、「痛気持ちいい」場所を90秒以上持続圧をかけることが有効です。

夜、寝る前に寝具の上で行います。

テニスボールを2つ用意し、上向きで寝転びます。

腰やお尻の「痛気持ちいい」場所に置き、3分間静かに指圧しましょう。

仙骨(腰骨の下の硬い骨)→腰の一番下のウエストライン(腰椎5番4番)→その少し上(腰椎3番2番)→その少し上(肋骨が始まる付近)と、少しずつ上に3分ずつ移動してみてください。

その場で、結構スッキリしますし、朝の痛みも和らいでいるでしょう。

 

以上、朝の腰痛に効く3つの方法でした。

1 ゴザ 2 夜のアイシング 3 テニスボール

 

 動画 腰痛体操 [木津川市 のむら整骨院] | 2016/07/16

京都 木津川市で、骨盤整体・産後骨盤矯正・交通事故施術・スポーツ専門施術を行っている、のむら整骨院です。

こんにちは。ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

施術中、患者様から良く質問を受けます。質問のQ&Aを公開します。

.腰痛があり、体が硬いことが原因だと言われました。酢を飲むと体が柔らかくなると聞きましたが、本当ですか?(16才 男子学生)

.半分本当です。

文献によると、実験で、1日30mlの酢(おちょこに1杯程度)を1週間飲んだ結果、平均で約5cm立位体前屈が柔らかくなったとの発表がありました。

これは、酢を飲むことで体を硬くしている疲労物質“乳酸”が減るからです。

酢に含まれるクエン酸・酢酸が血管を拡張して血行を良くし、筋肉中の乳酸が分解され、筋肉のこりがほぐれ、体が柔らかくなるのです。

しかしこれは乳酸を取り除いて筋肉を正常な状態に戻すだけなので、そのまま酢を飲み続けてもある一定以上は柔らかくなりません。

なので、酢を飲んで、柔らかくなるのは、半分本当です。

しかし、飲む続けるとどんどん柔らかくなるかという訳ではありません。

腰痛は、少しは緩和するでしょう。腰痛予防にも効果ありそうです。

ちなみにインターネットで調べた酢の効果は次の通りです。参考まで。

ダイエット、糖尿病、美肌、冷え、疲労回復、生理痛、腰痛、肩こり、不眠、風邪予防、高血圧など

私的には、夏バテ防止に酢の物や、黒酢ドリンクをおすすめします!

 

☆のむら整骨院では、腰痛の方のために10年前より、腰痛体操をお勧めしています。

腰痛の方も、腰痛予防にも効果テキメンの体操です。

この度、「のむら式 ずぼら腰痛体操」 の動画をアップしました。

腰痛の方、必見です!!

1日3回毎日行ってください。腰痛の起こらない範囲で行いましょう。

★~*★~*★~*★~*★~*★~*★~*★~*★~*★~*

骨盤整体・産後骨盤矯正・交通事故施術・スポーツ専門施術ならおまかせ!

のむら整骨院

京都府木津川市兜台3丁目10-11

ご予約 0774-72-4678

交通事故でお困りならこちらhttp://nomura-seikotsu.com/jiko/

 

 

ご予約・お問い合せ

のむら整骨院バランス整体院電話番号:0774724678

TOPへ戻る